東南アジアの高級賃貸

東南アジアは貧富の差が激しいので、生活レベルは所得によって雲田の差があります。

圧倒的大多数を占める労働者階級は劣悪な環境の家に住んでいることは珍しくありません。

asia

しかし、一部の富裕層は白亜の御殿や高層マンションなどの驚くような高級物件に住んでいるのが当然のことです。東南アジアに駐在している外国人の場合は高級賃貸に住むのが一般的で、家賃は日本円で最低20万円程度となっています。これはセキュリティ上の問題もあり、高級物件になれば24時間セキュリティが常駐し、外部からの侵入者を常に見張っています。

高級賃貸には必ずプール・ジム・サウナ・テニスコートなどの娯楽施設も整っており、住人であれば誰でも無料で利用することができます。入居の際には、部屋を所有しているオーナーが生活必需品をそろえてくれているので自分で家電製品などを購入する必要がありません。

希望の家電製品などがあれば新しい物にも買い替えてくれることができます。食器類も備え付けられているので、日本から東南アジアに引っ越す場合には衣類を持って行くだけでそのまま生活をすることができます。

家電製品が壊れたり、水回りにトラブルが起こったとしても無料でメンテナンスを施してくれます。アパートにエンジニアが常駐しているのが普通なので、何か困ったことがあればレセプションに相談すればすぐに対処をしてくれます。

住み込みメイドも

住み込みのメイドさんの為の部屋とトイレ・お風呂が部屋の中にありますが、主人の生活を邪魔しないように配慮された設計になっています。最高級アパートになると、月に50万円以上の家賃を支払うので東京都内の高級物件とも遜色がないような金額と言えます。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.